平成22年の春、秀丸さんより「5号艇まで揃いましたので、これで何かイベントを組めないでしょうか?」とのお話を頂き、かねてより温めていた企画である
“鯛ラバ”による大会を約3カ月の準備期間を経て、この度実現することが出来ました!
 当初旧3号艇で定員数が6名だった5号艇も大会開催1週間ほど前に定員数が10名となる船艇に変わり最大募集人数も38名から42名へと大幅に増加!
そして大会開催二日前には募集を締め切る“全艇満員御礼”にて大会を開催できることになりました♪
 大会直前までは県内も今年の最高気温を記録するほどの真夏のような好天が続き連日の好釣果で賑わいを見せてくれていた真鯛の釣果も大会開催前夜
より、よもやの梅雨入り…。雨だけならまだしも北東よりの強風も吹き付ける真鯛狙いには悪条件となる悪天候の下、40名の選手(2名の選手の方は急用に
て残念ながらの不参加となりました…)が生口島:垂水港に集結くださいました♪
 午前5時前、まだ辺りは暗い中、瀬戸田漁協のハウスに徐々に選手が集まり予定よりも早い時間よりミーティングを開始。そして、注目の乗船&釣り座の抽
選で大いに盛り上がった後、降りしきる雨の中 午前6時過ぎに各船が出船していき約7時間におよぶ競技が始まりました!
 競技終了1時間前あたりから雨も小降りとなり少し空が明るくなってきたころ各船、全選手もラストスパート!そして続々と競技を終えた船&選手が港に戻り
注目の検量を開始!そして結果は…

                                               
< 結 果 発 表 >

                                

順位  選手氏名  総重量  枚数  乗船艇
優  勝 藤 本 孝 志 4260g 2枚 1号艇
準 優 勝  北 山 光 盛 2570g 2枚 5号艇
第 3 位 大 室   健 2120g 2枚 4号艇
第 4 位 上 川 英 樹 2120g 1枚 3号艇
第 5 位 仁 井 山 正 信 2100g 2枚 1号艇
第 6 位 河 村 泰 輝 1910g 2枚 3号艇
第 7 位 秋 月 孝 秋 1440g 1枚 2号艇
第 8 位 坂 根 修 一 1380g 1枚 1号艇
第 9 位 石 塚 和 彦 1350g 2枚 3号艇
第10位 吉 川 康 司 1140g 2枚 5号艇
第11位 上 坊 伸 浩 1110g 1枚 3号艇
第12位 北 山 早 苗 1090g 1枚 5号艇
第13位 小 林 祐 太 郎  790g 1枚 4号艇
第14位 光 成 謙 二  420g 1枚 2号艇

                                                       ※ 敬称は略させて頂きました
                                                       ※ 同重量の場合、キャッチ数の多い方を上位としました

 第1回という記念すべき大会で栄えある優勝の座を射止めたのは“しまなみ”在住の藤本選手!ビンビン玉を使用し満潮の潮止まり直前に津島沖で
今大会1枚でも優勝となる最大サイズの65cmをキャッチされた後、正午前後にヨンマル級を1枚追加しブッチギリのウェイトで見事に優勝されました!!
準優勝はご夫婦で参加された北山選手(ご主人さん)!これもビンビン玉を使用し朝一番にヨンマル級を、そして同じく正午前後に準優勝の決め手とな
るキッカーフィッシュのゴーマル級を追加キャッチされ混戦となった2キロ台を制されました。(奥様の北山夫人も見事にヨンマル級をラスト1時間でキャッ
チされておられました♪)第3位は同ウェイトながら競技上での判断にて枚数を多くキャッチされた大室選手!あまりの寒さに体調を崩し3時間ほどの
仮眠から目を覚ました後のラスト1時間をラバラバ25号で連続ヒットさせ土壇場での見事な大逆転でお立ち台(入賞)を決めました!そして惜しくも第4
位となった上川選手は、ナント今回が初の鯛ラバ釣行!!釣行直前に当店にてお買い求め頂いたビンビン玉のお勧めカラーで56cmの今大会2番目の
真鯛を見事にキャッチされただけでなく、鯛ラバ釣行時の嬉しい魚=アコウを2尾、しかも50cmオーバーを2尾もキャッチされ入賞以上の喜びも獲得され
ましたぁ!!そして入賞の最後、第5位を獲得されたのは仁井山選手!こちらも潮止まり前の午前10時過ぎに2枚連続でキャッチされ、その後ロッドを折っ
てしまうというアクシデントに見舞われたにも関わらずその後も数多くのアタリを取っておられましたが、残念ながらロッドが…。他にも各選手それぞれに
沢山のドラマが起き、キャッチされた選手の方々もいらっしゃれば、少ないチャンスをモノにできなった選手の方々も…。こうして、参加選手総勢40名中
14名の選手の方々がウェイインされ、厳しく過酷な条件下であったにも関わらずガンバってくださいました!
 また、表彰式の後は 秀丸1号艇〜5号艇の各船長より “お楽しみの秀丸賞” ならびに今大会でスタッフとしてお手伝い頂いた TENRYU 松本氏からの
特別賞 などが賞品となったジャンケン大会でも大いに盛り上がることが出来ました!

                                          
< 大 会 風 景 >





















































 大会に参加された選手のみなさん、雨、そして強風の中を最後までガンバって頂き、本当にお疲れさまでした!
そして、悪条件にも関わらず最後まで全員キャッチを目指してベストを尽くされた船長のみなさん、ご苦労さまでございました!
そしてそして、初めての大会へ多大なるご協賛頂きましたメーカー各社様、ありがとうございました!
そしてそしてそして、いつも大会でお手伝い頂きますコバちゃんをはじめ常連の皆様、選手としてスタッフとしていつも本当にありがとうございます!

最後になりましたが、また来年も全ての皆様のお力を頂きまして開催できますよう、どうぞ宜しくお願い致します m(_ _)m

 後援 : 秀丸、クラブ・アドベンチャー
 協賛 : テンリュー、グローブライド(DAIWA)、シマノ、ジャッカル、メガバス、デュエル、Gクラフト、ヨーヅリ、誠和釣具、魚矢、脇漁具
 広報 : KG情報出版(レジャーフィッシング)、釣り画報
                                                                          ※順不同にて、また、敬称は略させて頂きました


                                                 

2010 第1回 鯛ラバトーナメント “しまなみカップ” H22. 6. 13